50億件&5兆円市場に成長!|電子マネー

皆さん、お買い物で電子マネー、使われています?
↑このサイトに来られる方には愚問でしょうね。恐らく、何かしら一つはもっているんじゃないかと思います。

私、現金をジャラジャラ持ち歩くのイヤだから、電子マネー使えるところだったら、極力、使用するようにしています
スマホに入れているだけでも、Suica楽天EdyWAONnanacoiDと5種類も使っています。他にもカードでPiTaPaも持ち歩いています。
最近は駅やコンビニだけじゃなくて、普通に街ナカのお店でも電子マネーが使えるお店が増えてきました。

そんな電子マネーに関する気になるニュースを発見!
電子マネー決済が年間5兆円に
2016年の電子マネー決済件数は51億9,200万件(前年比11%増)、 5兆1,436億円(同10.8%増)だったそうです。ついに5兆円の市場にまで成長したってことです。
単純に決算額を件数で割り算すると、1件当たりの決済金額は991円となります。
発行枚数は3億2,862万枚で、うち3,091万枚は携帯電話が占めるんだそう。おサイフケータイも年々、普及しているようです。
この統計、楽天Edy、nanaco、WAON、そしてSuica・SUGOCA・ICOCA・Kitaca・PASMOの8社から提供されたデータを集計したものだそうで、ということは、iDやPiTaPaなどは含まれていないので、実際の「電子マネー市場」は、もう少し大きい者と言えるでしょう。
また、交通系については、乗車や乗車券購入に利用されたものは含めていないとのことなので、電車やバスに乗るのに使われる、SuicaやPasmoなどの交通系ICカードの決済額を含めると、相当に大きい額になりそうですね。

また...
電子マネー決済5兆円突破 「少額利用」広がる
↑日経によりますと、名目国内総生産(GDP)比でみた日本の電子マネーの決済金額は0.9%と、主要13カ国のうちで最も比率の高いイタリアの1.0%に次いで高いそうです。主要13カ国の平均は0.4%だそうで、これを大きく上回っていることになります。日本は世界でも有数な電子マネー大国と言えますね。

で、このようなサイトを開設していてよく訊かれる質問。
『一番お得な電子マネーって何?』
↑正直、万能で、誰にとっても文句ナシに一番!という電子マネーはありません。
返答としては
「一番頻繁に使用するヤツが一番お得な電子マネー。」ってことです。
セブンイレブンやイトーヨーカドーをよく利用される方にはnanacoがお勧めですし、イオンに行かれる方はWAONが良いでしょう。
JRによく乗られる方はSuicaが良いでしょうし、私鉄やバスを利用される方はPasmoがお勧め。
なぜ?って、一番ポイントが貯まりやすいってことですからね。
関東圏では、他の電子マネーと比較して、Suica/Pasmoなどの交通系ICカードが使える場所が多いので、SuicaかPasmo、どちらか一枚、持っておくと便利でしょう。
管理人のお勧めはイオンSuicaカード。管理人もサブカードとして所持しています。モバイルSuicaにも対応していて、オートチャージを設定しておけば、残高が足りなくなったら、自動的にチャージしてくれて、そのたびにポイントが貯まります。だから実質的に、電車やバスに乗りながらもポイントを貯めていることになります。入会金や年会費は一切不要なので、つくっておいて損はないカードですよ~。