ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

How to get プラチナカード|上級カードを手に入れるには?

三井住友プラチナカードの話を書いたものですから、「プラチナカードって、どうやったら手に入るの?」と言うメールやメッセージを多数、いただきました。

使えば使うほどお得♪ 上級カード|三井住友VISAプラチナカード
↑昨日の記事はこちらをクリックしてくださいね。

まずプラチナの話をする前に、上級カードの一歩目はゴールドカードからですね。
恐らく、普通に会社勤めをしていらっしゃる方であれば、カード会社に申し込みをすれば、ほぼ問題なく審査を通過することと思います。
もちろん、申し込み時点でカード会社や消費者金融からの借り入れに大して、滞納などがないことは重要ですが。

特に、一般カードの利用者が、同じカード会社の同じ系統のカードでゴールドに変更となると、審査は通常よりも緩いのではないかと思います。

クレジットカードを頻繁に使用していると、カード会社から、ゴールドへのお誘いがやってきますので、それに乗っかるのが、一番手っ取り早いですね。実際、私もそうでした。
このパターンだと、初年度年会費無料などの特典があるケースも多いです。

よく、ゴールドカードは30歳以上の社会人、とか言われるようですが、決してそんなことはありません。私は28歳で、カード会社さんからゴールドカードへのお誘いがありました。

ゴールドに変更して、さらにカードをよく利用していると、カード会社さんから、プラチナカードへのお誘いが届きます。
私の場合はゴールドカードにしてから4年程度、32歳で、三井住友VISAカードからInvitation to Platinumなる、分厚い黒い封筒が届きました。正直、プラチナって、年会費高いし、安月給の私には、どーかなー、って最初は思ったんですけど、カード利用額に応じて年に2回、商品券をいただけるなどの特典もあるので、思い切って切り替えました。
ちなみにその際は、初年度年会費、半額でした。

ゴールド・プラチナカードへの切り替えを経験してわかったこととして...

年齢はあまり関係ない。
ゴールドは30歳以上、プラチナは35歳以上と言う大凡の目安はあるようですが、それは絶対ではありません。私は28歳でゴールド、32歳でプラチナカードへの招待がありました。
年収も関係ない。
カード作成時や切り替え時、収入に関する証明などは、私、出したことがありません。

重要なのは...

カードの使用歴が長い。
新規にカードを作成してからの年数が長いと、それだけ信用は大きくなりますね。
カードの使用場所が多い。
カードのヒストリー(history)と言うらしいのですが、カード履歴が多彩であることも、大きなポイントのようです。ショッピングだけでなく、新幹線や飛行機、携帯電話、電気、ガス、海外旅行...等々、様々な場所で使っていると「あぁ、この人は、カードを使うのが好きな人なんだな」とカード会社が認識するワケです。だから「もっと良いカードで、もっと沢山、使って頂こう」って話になるワケです。
滞納がないこと。
当然なのですが、過去に支払い不能などの滞納がないことは重要です。
三井住友プラチナカード

三井住友プラチナカード

要は、長期に安定してカードを使用しているユーザー であれば、少しずつカードのグレードが上がって行くと言うことですね。

プラチナの上には、利用額が無制限ブラックカード なるものがあるようですが、さすがにコレは私のところには招待はきたことはありません。
でも、プラチナカードでも、利用限度額 500万円/月ですからねー。年額じゃなくて月額ですからね、コレ
私の年収、いくらだよって笑ってしまいましたよ、500万円って文字をみたとき。

以前はプラチナカード招待限定でしたが、今は申し込んで審査が通れば、発行して貰えるようです。とりあえずカード会社に問い合わせをするってのもアリかと思います。

三井住友VISAカード