JR東日本管内はモバイルSuica&えきねっと

所用で山形まで行ってきました、久しぶりに山形新幹線に乗って。
日曜日から月曜日にかけてでしたし、それほど混雑もない時間帯だったので、当日に切符を購入しても良いのですが、こう言うときに活用したいのが、えきねっとモバイルSuica

えきねっとと言うのは、JR東日本が提供しているウェブサービスのことで、新幹線やJR特急列車の指定席きっぷのお申込み、JR東日本国内ツアー商品の申込み、東日本エリアの現地観光プラン、鉄道グッズなどのショッピング、おトクなポイントがたまるサービスを提供してくれています。
東北・山形・秋田・北海道、上越・北陸の各新幹線はもちろん、在来線でも中央線や常磐線、成田エクスプレスなどの特急までPCやスマホから予約が取れるので、便利!
会員限定、列車・席数・区間限定、インターネット予約限定でトクだ値というきっぷもあり、これがかなりお得なんです。
通常で10~15%、さらに乗車日13日前の午前1時40分までの申込みで「えきねっとトクだ値」より、さらに割引率の高い「お先にトクだ値」があり、こちらだと、なんとなんと30~35%オフ。
例えば東京から山形まで、通常期の一番安い35%オフのケースで運賃+特急料金で7,370円。普通に切符を購入したら11,340円ですから、3,970円もお得!
切符を購入して貯まったポイントは、Suicaポイントに交換できるのも利用するメリットの一つです。

そしてモバイルSuicaを使った、モバイルSuica特急券も利用可能です。

モバイルSuica

モバイルSuica

↑真ん中辺にある、緑色のヤツです。
モバイルSuica利用だと東京から山形まで...

モバイルSuica特急券

モバイルSuica特急券

↑9,550円ですので、こちらも1,790円お得。ちょっと豪華なお食事くらいにはなりますね。

えきねっとも、モバイルSuicaも、注意点としては...

  • トクだ値きっぷを購入するにはえきねっとの、モバイルSuica特急券を購入するにはモバイルSuicaの会員に登録する必要があります。
  • すべての列車に割り引き設定があるワケではありません。
  • 列車指定ですので、他の列車には乗れません。通常の指定席券であれば、乗り過ごした場合、後の列車の普通席に乗車可能ですが、トクだ値やモバイルSuica特急券は、あくまで指定した列車のみ、前の列車にも後の列車にも、自由席含めて乗ることができません。
  • 他の割引サービスと併用することはできません。

↑こんな感じ。

モバイルSuicaはクレジットカードの登録が必要なのですが、Viewカードのマークの入っていないクレジットカード以外ですと年会費が発生します。だからと言ってVIEWカードを作成すると、クレジットカードの年会費が発生してしまいますよね。
そう言うときには、VIEWカードと提携している年会費無のクレジットカード。お勧めはイオンSuicaカードです。これなら、クレジットカードの登録料も年会費も無料、そしてモバイルSuicaも年会費無料で利用できます。

電車が完全にFixであることさえ注意すれば、問題ないでしょう。両方とも検索しておいて、割引設定のある方、より安い方を選ぶのが良いですね。

山形新幹線

山形新幹線

今回は行きも帰りもモバイルSuica利用の私でした。写真は、かみのやま温泉駅の上り(福島・東京方面行き)ホームに入線する山形新幹線。在来線のホームに新幹線が入線って、なんか不思議な感覚ですね。

そうそう、東北・上越方面の新幹線を利用する際、乗車および下車するのを東京駅でなくて、上野駅にすると、チョコっとだけお安くなる場合もあります。山形だと200円くらい安くなりました。
川崎駅からだと上野東京ラインで上野駅まで乗り換え無しなので、これも頭の片隅に入れておいてくださいね。
↑注意点が一点だけ。乗り換えが大変です。上野駅の新幹線ホームは地下の深~いところにあるので、普通に歩いて10分くらいかかります。

こうして少しずつ節約して、貯まったお金はお土産代にするもよし、次の旅行に充てるもよし、ですね。