お安く旅行・帰省するなら、この切符♪

そろそろ年末年始のスケジュールを考え出す頃ですね。
帰省したり、どこかに旅行したり...そんな季節です。
そんなこの時期、節約して旅行に行く、お気に入りの切符、二つほどか紹介しますね。


青春18きっぷ

青春18きっぷ

青春18きっぷ

ご存じの方も多いかと思います。
全国のJR線の普通列車が丸一日乗り降り自由になる切符。JR東日本管内でも、JR東海でも、JR東日本でも...5回分で11,850円(1回分あたり2,370円)。

途中下車し放題なので、ふと気になった駅に降り立ったり、乗り換えの時間に改札の外に出てお土産買ったり...なんて言う、鈍行旅行を満喫できるお得なきっぷです。

一人で5回使ってもよし、5人で一度に使ってもよしです。夫婦で2回分を2日使ってもまだ1回分残っている計算になりますネ。

例えば我が家の最寄り駅はJR南武線の鹿島田駅と総武線の新川崎なのですが、鹿島田から南武線で川崎へ、東海道線に乗り換えて、終点の熱海まで。熱海から静岡まで、乗り換え時間を含めてDoor to Doorで3時間くらいかな。乗車券の料金、通常なら3,090円ですから、2,370円とすると720円もお得。ランチ代くらい出ちゃいますね。往復なら6,180円ですから、差額は3,810円!ちょっと豪華なディナーが食べられちゃいますね。
ちょっとしんどいけど、電車で寝られる、本を読める、そんな私には、大した時間ではないです。
かなり頑張って、北九州の折尾から1泊二日で静岡に帰省したこともあります。

この青春18ですが、いくつか使用上の注意点もあります。

・特急、乗れません。
在来線の特急にしても、新幹線にしても、特急券だけではなく、普通乗車券も買わないと、乗車できません。

・あくまでJR線だけ乗り放題。
JRと相互に乗り入れている私鉄、第三セクターなどは、その私鉄分の運賃が必要です。名古屋から四日市を経由して津まで行く経路を考えると、JRの快速みえに乗れば、乗り換えなしの一本ですが、途中、伊勢鉄道線を通過するので、この分は別途運賃が必要です。節約するには、一度関西本線で亀山まで出て、紀勢線に乗り換えて津に行くしかありません。

・必ず座れるとは限りません。
そんな鈍行で移動する人、少ないでしょ! この切符を使ったことが無い方は必ずそう言うのですが、青春18ユーザーはかなり多いです。熱海駅や豊橋駅、大垣駅など、主要な乗換駅が近づいてくると、車内が殺伐とする!?雰囲気になります。次の電車で座れるかどうか、乗り換えの階段競争が始まるんです。

・在来線の指定席、乗れます。
普通・快速列車の普通車指定席は、指定席券を別に購入すれば乗車できます。ホームライナーのような整理券が必要な列車も、乗車整理券やライナー券を購入すれば乗車できます。

・在来線のグリーン車自由席、乗れます。
普通・快速列車のグリーン車自由席に限って、グリーン券を別に購入すれば乗車できます。JR東日本の大都市近郊区間で走っています。
実は昨日の私も、川崎から熱海まで、約一時間半、グリーン車を堪能して参りました。

JR東日本の首都圏エリアでは、乗車区間が51km以上の距離で、土日などのホリデー料金だと、事前購入すれば780円。リクライニングだし、トイレもあるし、何より静かです。2階立て列車の2階も1階もありますが、お勧めは列車の端にある2階立てではない部分。シートは広いし、2階建て部分より天井も高いし。それと2階部分って、カップルや家族連れが多いので、一人で静かに乗車するには、端っこがお勧め。
あくまでグリーン車自由席の話です。指定席のグリーン席の場合は、別に乗車券も必要となります。

青春18きっぷ
価格 11,850円
発売期間 平成28年12月1日~平成28年12月31日
有効期間 1日間(1回につき) ※5回分セット
利用期間 平成28年12月10日~平成29年1月10日

発売期間 夏:平成28年7月1日~平成28年8月31日
冬:平成28年12月1日~平成28年12月31日
有効期間 1日間(1回につき) ※5回分セット
利用期間 夏:平成28年7月20日~平成28年9月10日
冬:平成28年12月10日~平成29年1月10日


休日おでかけパス

休日おでかけパス

休日おでかけパス

こちらは東京近郊の休日のおでかけに便利な切符です。フリーエリア内の普通列車(快速もOK)普通車自由席、東京臨海高速鉄道線(りんかい線)全線、東京モノレール線全線が乗り降り自由のきっぷです。
2,670円(税込み)でフリーエリア内の普通列車(快速含む)普通車自由席、東京臨海高速鉄道線(りんかい線)全線、東京モノレール線全線が乗り降り自由って言う、とってもお得なきっぷ。

・土日であれば、一年中使えます。
青春18きっぷは、春、夏、冬のお休み限定ですけど、休日おでかけパスは一年中販売しています。

・在来線の指定席、乗れます。
普通・快速列車の普通車指定席は、指定席券を別に購入すれば乗車できます。ホームライナーのような整理券が必要な列車も、乗車整理券やライナー券を購入すれば乗車できます。

・在来線のグリーン車自由席、乗れます。
普通・快速列車のグリーン車自由席に限って、グリーン券を別に購入すれば乗車できます。JR東日本の大都市近郊区間で走っています。
・JR東日本なら新幹線、乗れます。
JR東日本が運営している東北・上越・北陸新幹線であれば、特急券だけ買えば普通車自由席に乗れるんです。コレも青春18きっぷより便利。

フリーエリアは、東海道線の西の端は小田原、中央線では大月、宇都宮線の北の端は自治医大。

例えば、宇都宮に餃子を食べに行くとしますよネ。
新川崎駅から宇都宮まで、乗車券代はSuica利用で片道2,268円、往復で4,536円。
宇都宮はフリーエリアの外だから、自治医大~宇都宮は実費精算。320円ね。
と言うことは、休日おでかけパス 2,670円 + 自治医大-宇都宮往復 320 × 2 = 3,310円。

で、昨日は疲れていたので、帰路はグリーン車使ってしまいました。それでも、モバイルSuicaで事前購入すれば、グリーン料金 780円。

3,310 + 780 = 4,090円。通常の切符購入で普通車で往復するより、464円もお得♪ 立ち食いそばくらい買えちゃう額ですね。

おまけにモバイルSuicaは登録したクレジットカードの決済になるから、カードのポイントが貯まります。

休日おでかけパス
価格 2,670円
発売期間 通年
有効期間 1日間
利用期間 ・土休日
・4月29日~5月5日
・7月20日~8月31日
・12月29日~1月3日

節約した費用は、食事に充てるも良し、お土産を買うも良し、チョッピリ豪華なお宿に泊まるも良し、でしょ♪