仕末に困る人

「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末しまつに困るもの也。
この『仕末に困る人』ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬ也。」

命も要らず、名も要らず、金も要らず、という人こそ最も扱いにくい人である。

だが、このような人こそ、人生の困難を共にすることのできる人物である。

このような人こそ、国家に偉大な貢献をすることのできる人物である。

江戸城無血開城の談判相手の山岡鉄舟を賞賛した西郷隆盛の言葉です。

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,602 –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。