廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *026*

働くことそのものへのモチベーションを高める鍵は「主体的な成長意欲と貢献意欲を力づけること」です。

その為には、上機嫌リーダーは「自らがその生き方、働き方のモデル」になり、「感謝を忘れず、部下にやり場を与え、チャレンジさせてやり、しっかりと承認し、指導し、成長し会うことを喜び」ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。