瞑想と観想の違い・その2

瞑想と観想の違い

瞑想は「止観」とも呼ばれます。つまり、「止」と「観」の二つの行を合わせて瞑想と言います。

観想は観行を指し、洞察であり沈んだ心を活気づける手段でもあります。

止行は精神集中であり高ぶった心を鎮める手段でもあります。

止と観を使い分けましょう。

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,720 –

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。