苦しみを勇気に、悲しみを希望に

他人様に勇気や希望を与えることは難しいことで御座いますが、我々はなんとか、悲しみを悲しみのまま、苦しみを苦しみのままで終わらせるのではなくて、苦しみを勇気に、悲しみを希望に変えて、お客様に感動という形で心に残したいと、稽古に励ませて頂いております。

松本幸四郎73歳誕生日に

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,207* –

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。