対話するということ

対話には勝者も敗者もありません。

対話は改革や改善、課題解決という目的があります。

討議には勝者と敗者があります。

討議において凌駕する敵は論争する相手です。

対話において凌駕する敵があるとすれば、それは課題であり、対話する相手は共に戦うパートナーです。

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,446 –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。