上機嫌と感謝の実践

上機嫌は実践するもの。
感謝は想起するもの。

誰でも、楽しく喜びに満ちた人生を生きたいと思っています。

鍵は上機嫌と感謝です。

しかし、放っておいて上機嫌や感謝を体験することは出来ません。

上機嫌の実践は「笑顔」という形から生まれ、感謝の想起は恩に意識を向けることから起こります。

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *988* –

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。