廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *093*

山本五十六は幹部層には
やっている姿を感謝で見守って、信頼せねば人は実らず
というスタンスで関わっていったそうです。

上層部の不信感は組織全体になわばり意識や、事なかれ主義を引き起こし、停滞や混乱をもたらすことになります。

幹部相互が信頼関係の型見本とろうとしたのだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。