廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *182*

生きがいの創造の著者で、元福島大学経済学部教授であった飯田文彦氏の著書を再び読んでいます。

彼は元々、労務管理論の専門家であり、人々の働き甲斐を研究するなかで、「人間観」や「人生観」がその根本的な要因であるとして、臨死体験や退行催眠等の多くの事例を研究していった勇気ある人です。

飯田文彦

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。