廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *197*

対象者の主体者意識を力づけ、人間力を育んでいくうえで、「三つの指導原則」が重要だと思っています。

これは、吉田松陰や細井平洲、緒方洪庵等の先人の共通点をみていった時に気がついたものです。

それは、「捨て育て」、「ほめ育て」、「感応教育」の三つです。

この三つの指導原則も三位一体です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。