廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *255*

話しを受けとめることと話しを受け入れることは違います」。

なんでもかんでも相手の話しを受け入れていることは、盲従であり、議論になりません。

「話しを受けとめるとは相手の存在を認め、話しをちゃんと聞くこと」です。

そして、「自分の考えや意見をしっかり伝えます」。

そこに生産的議論が生じます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。