意志と実践の産物

対話は意志と実践の産物です。

多くの組織が対話の重要性を口にしていながら、大半が掛け声で終わっています。

原因は対話は簡単なことではなく、強い意志と実践習慣の継続により、はじめて生まれるものという認識と覚悟に欠けているからです。

対話は討論、議論や説得とは違います。

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,452 –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。