監督の選手への接し方

森保監督流、3つの接し方。

1. いつでもどこでも話しかける
それは、選手の心に響くベストなのタイミングを逃さない為。

2. 声をかけるときは「質問」から
自分の意見を伝える前に、まず相手の考えを聞く為。

3. 笑顔で終わる
ポジティブなイメージで、明日につなげていく為。

参考になります。

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,746 –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。