時を活かす

天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざにはときがある。

生るるに時があり、死ぬるに時があり。

植えるに時があり、植えたものを抜くに時があり。

【旧約聖書 伝道の書 より】

時を生かしていくということは、時間の有効活用以上の意味があると思います。

それは、目的や目標を決め実行しても、仲々成果が出ない時、時を待ち努力を続けることです。

伝道の書

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *505* –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。