生きることに意味・目標を持とう

「生きることに理由がある人は、ほとんどどのような状態にも耐えることができる。」

ヴィクトール・フランクルの言葉です。

言い換えれば、「生きることに意味・目標を堅持している人、つまり生きがいの揺るぎない理由をもつ人は、いかなる苦難の生活状況にも耐えることができる」ということです。

ヴィクトール・フランクル

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *511* –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。