たのしみは…

たのしみは 妻子(めこ)むつまじく うちつどひ 頭(かしら)ならべて 物をくふ時

たのしみは まれに魚煮て 兒等(こら)皆が うましうましと いひて食ふ時

たのしみは 空暖かに うち晴れし 春秋の日に 出でありく時

たのしみは 心にうかぶ はかなごと 思ひつゞけて 煙草すふとき

たのしみは 錢なくなりて わびをるに 人の來(きた)りて 錢くれし時

江戸時代の歌人、橘曙覧(たちばな の あけみ)の歌です。

楽しみは、見つけようとする人に訪れるようです。

橘曙覧

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *516* –