使命感の扉

最初から使命感をもって働く人なんてほとんどいない」。

この事実を若い人達に伝えます。

最初は義務感でもいいから「石の上にも3年」と言い聞かせて続けます。

その間に、一つでいいから「この仕事は私が責任をもちます」と言えるものを見つけるましょう。

そこから使命感の扉が開き始めます。

使命感

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *541* –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。