供養とは感謝なり

供養とは、自分のためではなく、苦しみ困る先祖や、縁ある諸霊を思い、愛情と慈悲の気持ちですることです。

お盆になると、人はお墓参りなどの供養をします。

そのことは善いことなのですが、どんな意識で、お参りしているのかがより重要だと思います。

供養に忘れてはならないのは感謝です。

供養

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,030* –

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。