幸福であることに気づくこと

「柳は緑 花は紅 真面目(しんめんもく)」
柳は緑色、花は紅色をしているように、自然はいつもあるがままの美しい姿をしていることから、禅宗では、悟りの心境を表す句です。

当たり前に思えることのなかにこそ、自然の美しさがあり、人生の幸福もあるのではないでしょうか。

「幸福とは、幸福であることに気づくこと、人生に感謝して味わいこと、生命の生命が出会い歓喜すること」。
ではないだろうかと最近つくづく思います。

禅語

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,123* –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。