何故、生きるのか?

何故、生きるのか?に答えうる者は、ほとんど大半の苦難に耐えられる。
哲学者ニーチェの言葉です。

生きがい、働きがいとは、生きる張り合いであり、働く意味です。さらには、生きる希望、働く希望です。

人生は苦難があるから辛いのではなく、希望がないから辛いのだと思います。

ニーチェ

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,130* –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。