随処作主

随所に主となさば、立処みな真なり。
臨済禅師

自分の置かれた場所で、精一杯やりきるならば、どこにあっても「真実のいのち」にめぐりあえる。と臨済禅師は説きます。

生き甲斐とは、探すものではなく、自分の置かれ場所、与えられた仕事に、愛情を持って、自分を投入することだと思っています。

臨済禅師

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,322 –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。