職能力開発の5ステップ

「職能力開発の5ステップ」。

下レベルは、基礎的な知識を覚え出来ることを増やす。

中レベルは、出来ることを増やすとともに精度を上げる。

上レベルは、全体像から自分の仕事を見直し改善を図る。

一流レベルは、得意、専門を持つとともに他者に関心を示す。

超一流レベルは、なんらかのNo.1を持ちます。

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,985 –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。