仕事と作業

『仕事は仕掛けるもの。作業はこなすもの』。

新人は職能力において、まずは上を目指しましょう。

上は一通りやれる、仕事全体像がわかっているレベルです。

しかし、組織の中では上の段階で滞留している人が多くいます。

上と一流以上の違いは、上の人は作業が、一流以上の人は仕事ができる人です。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,309*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。