シッダールタを読ました

ヘルマン・ヘッセ作のシッダールタを高校生時代以来、再読しました。

久しぶりに読むと全く違う作品のように感じられました。

名著と言われる作品は、読者の人生の状況によって、時々に違った印象を残すものです。

それは、人生の普遍のテーマを扱っているからでしょう

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,469*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。