草枕

『夏目漱石・草枕』より

智に働けば角が立つ。
情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。

智に優れた人は、他人の誤りが目について、指摘をするので角が立つ。

情に流されると冷静な判断ができなくなる。

意地とはかくあるべきという理想論に固執すると窮屈になる。

智と情と意はバランスだ。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,617*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。