男の一生

『男の一生』絵馬師 殿村進

二十代は志高く
三十代は仕事に燃え
四十代は功を焦らず
五十代は寛容をくいて
六十代は引き際よく
七十代は時を遊び
八十代は自由を楽しみ
九十代は悠々自適に

そして
いぶし銀のように
幽玄の境地の百歳へ

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,749*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。