健全な劣等感

「健全な劣等感を持ちましょう」。

そもそも、劣等感とは理想の状態に到達できていない自分が劣っているかの様に思う感覚のことです。

だから、使い方を間違えさえしなければ努力や成長意欲の促進剤にもなります。

問題は劣等感を何かをしない言い訳にする「劣等コンプレックス」に囚われることです。

劣等感

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,991*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。