サッカー代表監督の言葉

心を預かる仕事

私がコーチとして注目している、サッカー、サンフレッチェ広島で指揮を執り、今は日本代表を率いるの森保一監督の言葉です。

選手たちがベストの状態で練習し、試合に臨めるよう、心の通ったコミュニケーションを取りながら、同時に、選手のやる気に火をつけるていくことが、監督である自分の仕事だと語っています。

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,745 –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。