廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *084*

改革時のリーダーの役割が決断する上で考えるべきことは「断ってはならこと、捨ててはならないこと」を明確にしていくことだと思います。

このプロセスは、リーダー自身の価値観を見つめていくことでもあります。

以前、小泉元首相が「リーダーは孤独に耐えねばならない」と言った言葉が思い出されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。