廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *158*

ビジネス社会において、歪んだ適者生存観を感じることもあります。

例えば、
・「営業活動を顧客との狡猾な駆け引きだ」と考えていたり、
・「生き残る為に手段を選ばず、状況に適応(便乗)しよう」と躍起になっていたり、
・「ビジネスとはそういうものだ」と言い聞かせたりします。

「さもしい適者生存観」に思えます。

適者生存観

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。