廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *259*

教育共育であり、響育である」と思います。

部下に成長して欲しいなら、上司も共に成長していく必要があります。

部下にもっと積極的に話して欲しいと思うならば、上司としてもっと「積極的にきく」響育をしていくことです。

その様な上司の姿が部下の「能力人間力」を育みます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。