悲観主義と楽観主義違い(説明スタイル編)

悲観主義楽観主義の『説明スタイル』の違い。

説明スタイルとは、心理学者セリグマンが挫折した時に、どんなふうに自分自身に語りかけるかのことです。

悲観論者は自分の手には負えないという前提で挫折に反応します。

楽観主義とは、自分には力があるという前提で挫折に向かう習慣と言えます。

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,717 –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。