持続可能な幸福

「幸福になりたいと考えている間は、『持続可能な幸福』は手に入らない」

62歳になった今、心から思う喜びの気づきです。

私は幸福とは自身や他人、社会から評価されることと考え、その為に自分なりにはずっと頑張ってきたことに後悔はありませんが、評価は持続可能な幸福には繋がりませんでした。

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,678 –

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。