鬼と煩悩と三毒と...

の語源は遠仁(おんに)。つまり、“思いやりから遠いこと”だそうです。

心身をかき乱す煩悩の代表に「三毒があります。

:むさぼりは、底の知れない欲の青鬼。

:怒りは、顔を真っ赤にする赤鬼。

:真実の智慧に暗い、無明の黒鬼。

そして、黒鬼が青鬼、赤鬼、全煩悩のボス。

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,159* –

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。