歌を忘れたカナリア

歌を忘れたカナリアは後ろの山に棄てましょか
いえいえ それはかわいそう

歌を忘れたカナリアは背戸の小薮に埋けましょか
いえいえ それはなりませぬ

歌を忘れたカナリアは柳の鞭でぶちましょか
いえいえ それはかわいそう

歌を忘れたカナリアは象牙の舟に銀のかい
月夜の海に浮かべれば 忘れた歌を思い出す  

童謡「かなりあ」(詩・西条八十

歌を忘れるとは、どういう意味でしょうか?

西条八十

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,145* –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。