動機付け要因

ハーズバーグの動機付け衛生理論・その2

「動機付け要因」には、達成、承認、仕事そのもの、責任、昇進などがあります。

従業員に満足感をもたらす要因であり、この要因が充足されると、従業員は積極的な態度で真剣に仕事に取り組むようになるとされています。

特に、仕事そのものに注目しています。

ハーズバーグ

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,255* –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。