剣禅一如

剣禅一如

怒涛の幕末を生き抜いた勝海舟は、生涯において本当に役に立ったのは、剣術の修行と禅の修業だと言っています。

剣術は親戚の「幕末の剣聖」男谷精一郎の門下島田虎之助の道場で代稽古に回るほどの使い手でした。

しかし、危険な時代に鍔元を結わえ一度も刀を抜かなかったそうです。

剣禅一如

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,685 –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。