悲観主義と楽観主義

悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである

幸福論で有名な哲学者アランの言葉です。

アランは本来の楽観主義とは、ただ「なんとかなるさ」という安易なお気楽主義ではなく、「なんとかする」と決意し、積極的に行動する意志を持った実践と考えていたようです。

哲学者アラン

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,768 –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。