恐怖に対する弱い反応

恐怖に対する弱い反応のパターン。

第1反応「回避」。
とにかく戦いを避けようとする。

第2反応「自己弁護」。
戦いを逃げた自分の屈辱を癒そうとする。

第3反応「服従」。
あきらめよとする。

反応のパターンは、常に内気。

根本的な恐怖は、強い相手に攻撃されみじめさ(敗北することへの恐怖)です。

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,803 –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。