青年・壮年・老年

青年・壮年・老年。

その時期ごとの役割の変化を意識して言い変えています。

柔らかい頭と優れた体力で、労を厭わず働き学ぶのが青年期

組織や家庭、社会を引っ張っていく、働き盛りの盛年期

豊富な経験と知恵で、若い人達のよき相談役として、生き方の指針を示すのが聖年期です。

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,812 –

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。