たのしみは...その①

橘曙覧・独楽吟」その①

楽しみは 草のいおりのむしろ敷き、ひとり心を静める時。

楽しみは 妻子睦まじくうちつどい、頭並べて物を食う時。

楽しみは あたたかにうち晴れし春秋の日に、出で歩く時。

楽しみは 朝起きいで、昨日まで無かり花の咲ける見る時。

なんかいいなぁと、心引かれています。

橘曙覧

– 廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *1,850 –

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。