怖れと愛

「怖れか愛か」。

人の基本的感情は「怖れ」か「愛」のどちらかに端を発しています。

全ての不快な感情の根は怖れです。

例えば、「どうなったらどうしよう」と怖れるから不安になり、イラつくのです。

自分自身の心が「怖れか愛か」のどちらにあるのかに気づく糸口は感情が「不快か快か」です。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,039*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。