『般若心経』読みと意訳・その6

『般若心経』読みと意訳・その6

『是故空中(ぜーこーくうちゅう)無色無受想行識(むーしきむーじゅーそうぎょうしき)無眼耳鼻舌身意(むーげんにーびーぜつしんにー)』。

つまりは全ては空の中にある。物資的存在は無く、心の作用(受想行識)も無い。眼耳鼻舌などの器官、身も意識もない。

般若心経

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,115*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。