上司の気配り・その4

『上司の気配り』その(4)

「間違った時は素直に謝る」ことです。

上司も人間ですから、時には間違うこともあります。

その際には、色々と正当化せずに素直に謝りましょう。

人は間違いを許してくれるものです。

しかし、それを隠そうとしたり、正当化しようとする心の間違いはなかなか許してくれません。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,185*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。