陰口をたたくのではなくて...

「光口を叩こう!」

陰口は、その人のいない所でその人の悪口を言うことです。

光口は、その人のいない所でも、その人を褒めていくことです。

光口という言葉は私が考えたものてすが、豊かな人間関係を築いている人達に共通した習慣でした。

彼らはまるで「幸福の伝書鳩」のような人達です。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,184*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。