さながらの心

さながらの心』。

さながらの心とは、その場その時を受け入れ、柔軟に生ききっていく心です。

さながらの心で生きる時、人は明るく朗らかです。

それは幼い子供の様に自然体です。

逆に、我がままな心は怒り、急ぎ、憂い、悲しみといった不自然な心の曇りをもたらし自身を苦しめることになります。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,221*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。