人の行く裏に

『人の行く裏に道あり花の山』。

4年前に他界されお世話になっていた経営者の方が、他の経営者からビジネスの相談を受けた際に、アドバイスとして、よく言っておられた格言です。

この格言は元々、茶人の千利久の言葉だったようです。

堺の商人である利久の他者との目のつけどころの違いを感じます。

廣瀬センセの今日も上機嫌リーダー *2,265*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。